2006年05月31日

映画「猫の恩返し」&「シザーハンズ」

友人から借りてきたDVDをみちゃぃましたぁぴかぴか(新しい)
かわいい猫の恩返し
【解説】
スタジオジブリの最新作。猫を助けたことをきっかけに、猫の国に迷い込む少女の姿を描く冒険ファンタジー。「化粧師 KEWAISHI」の池脇千鶴が、初の声優に挑戦。

学校からの帰り道、命を失いそうになった猫を間一髪で救った女子高生ハル。助けた猫が猫の王子だったために、恩返しとして “猫の国”に招待される。だが、いつの間にか彼の妃になる約束をさせられてしまう。
【感想】
猫カヮィィ黒ハートバロンカッコィィ黒ハートなぁんて思ったけれどジブリなだけぁって内容は奥深い感じですグッド(上向き矢印)でも二足歩行の猫って・・・・なんか変・・・ワラ


かわいいシザー・ハンズ
【解説】
エドワードは、発明家の博士によって生み出された人造人間。だが、完成直前に博士が急死してしまった為、彼は両手がハサミのままこの世に残されてしまう。その後、ゴースト屋敷のような丘の上の家で、顔が傷だらけで孤独な日々を送っていた彼の元にある日、化粧品のセールス・ウーマンのペグが訪ねて来た。心優しい彼女は、そんな彼の姿に同情し、自分の家に連れて帰る。そうして家の中へ通された彼は、写真に写っているペグの娘キムに心奪われ、彼女に恋してしまうが……。鬼才ティム・バートン監督の描くラブ・ファンタジー。純真無垢な心を持つエドワードはキムに恋をするが、哀しいかなハサミの手をした彼には彼女を永遠に抱く事は出来ない。そんなおかしくて哀しくて美しいラブストーリーを、詩的で夢幻的世界で描いた傑作。主演のエドワード役を演じる、ジョニー・デップの何とも哀しみに満ちた表情や仕種、そして彼の心情を代弁するようなダニー・エルフマンの音楽が絶品。
【感想】
ジョニー・デップって本当に役によって本当に違う顔になるなぁってすごく尊敬しますexclamation×2とにかく「すごぃ」と言うしかないなぁって感じです黒ハートなんといってもカッコィィし(ワラ)

ニックネーム Sakae at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 管理人のテキトー映画宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
て内容は奥深い感じですグッド(上向き矢印)でも二足歩行の猫って・・・・なんか変・・・ワラ
Posted by Vibram at 2011年01月17日 15:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/424570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック