2006年03月28日

ハムスターに与えてはいけない物

皆さんはハムスターに与えてはいけない物を知っていますか?本などに書いてあるのは大体タマネギ・チョコレート・アボカド・梅・チューリップ等でしょうが、本当はもっとAたくさんあるんです顔(え〜ん)っとぃうわけで今日は、ハムスターを現在飼っている人は復習として、ハムスターをこれから飼おうとしている人にはここで学んでいただきたいともいます顔(イヒヒ)

たらーっ(汗)与えてはいけない物たらーっ(汗)

@インゲン豆(生)
【多量に食した場合の症状】
腸粘膜に炎症、出血性胃腸炎、肝臓に脂肪変性、心筋に変性、けいれん成長阻害、腸炎、腎炎。
※私の家でも3/2にインゲンデビューをしましたが、あれは茹でてありますので大丈夫ですよ手(チョキ)
Aソラマメ(生)
【多量に食した場合の症状】
急性溶血性貧血症を引き起こし、発熱、血尿、黄疸、結石
Bダイズ、ラッカセイ、エンドウマメ、アオイマメ、クロマメなど(全て生)
【多量に食した場合の症状】
成長の阻害、消化不良のため腹部膨満

Cジャガイモ(芽、つる、葉)
【多量に食した場合の症状】
成人:疲労感、頭痛、おう吐、下痢、腹痛
小児:昏睡・けいれん


D.生卵 【多量に食した場合の症状】
ビタミン欠乏症、脱毛、落屑性皮膚炎
食べさせるときは、ゆで卵にし黄身だけ与える事。

Eドングリ(芽)
【多量に食した場合の症状】
おう吐、下痢、肝臓、胃腸炎、成長の遅れ

Fビワ、ウメ、アンズ、リンゴ、モモ、スモモ、サクランボ、ナシの種などバラ科の種子
【多量に食した場合の症状】
呼吸困難、おう吐、けいれん

Gトマト (葉、茎)
【多量に食した場合の症状】
成人:疲労感、頭痛、おう吐、下痢、腹痛
小児:昏睡・けいれん

Hアボガド(全部)
【多量に食した場合の症状】
肝臓障害、けいれん発作、呼吸困難、肺水腫

Iパイナップル
【多量に食した場合の症状】
肉を一緒に調理すると肉が軟らかくなりますが、食べた本人の肉も軟らかくなります。蛋白質分解酵素が働いているのですが、口の中を切ったりすることもあります。
Jマンゴー
【多量に食した場合の症状】
食欲不振、起立不能、下痢

Kホウレンソウ(生)
【多量に食した場合の症状】
肝臓、腎障害に激しい障害を起こし、おう吐、けいれん、黄疸、尿閉、結石
※ゆでれば大丈夫です。

Lセロリー
【多量に食した場合の症状】
肝臓、腎障害に激しい障害を起こし、おう吐、けいれん、黄疸、尿閉、結石

Mアカカブ(生)
【多量に食した場合の症状】
肝臓、腎障害に激しい障害を起こし、おう吐、けいれん、黄疸、尿閉、結石
※ゆでれば大丈夫です。

Nネギ、タマネギ、ニラ、ニンニクなどのユリ科
【多量に食した場合の症状】
赤血球を破壊し溶血が起き、貧血、下痢、肝臓病を起こす。
加熱しても分解されない。一緒に調理した物も危険らしいです。
またニンニクは消化管粘膜を強く刺激し、悪心、おう吐、下痢などのほか、心臓・肝臓の機能障害を生じます。常用すると甲状腺機能障害。


Oショウガ
【多量に食した場合の症状】
刺激が強すぎて腎臓や肝臓に負担がかかる。
過剰反応を起こすものと思われる。

Pチョコレート、ココア
【多量に食した場合の症状】
おう吐、下痢、神経過敏(興奮ぎみ)、昏睡、けいれん。
カフェインと同じく、興奮作用があります。

Qミルク
【多量に食した場合の症状】
下痢
人間も牛乳で下痢をする人がいますが、飲み続けると抵抗力が付いてきます。しかし小動物の場合、下痢=死になることがあるので、ミルクを与える場合は乳糖の入っていない、小動物の物を選びましょう。

Rモロヘイヤ(種・果実)
【多量に食した場合の症状】
食欲不振、起立不能、下痢
Sゴボウ
【多量に食した場合の症状】
おう吐、下痢、肝臓、腎臓障害、胃腸炎、成長の遅れ

A@.レンコン
【多量に食した場合の症状】
おう吐、下痢、肝臓、腎臓障害、胃腸炎、成長の遅れ

AA.アロエ
【多量に食した場合の症状】
触れれば皮膚の炎症、飲むと胃腸粘膜を刺激し、少量だと健胃、大量だと下痢

AB.ギンナン
【多量に食した場合の症状】
おう吐、下痢、呼吸困難

AC.レタス
【多量に食した場合の症状】
下痢
食物繊維といえばレタスを思い出す人も多いと思いますが、成分のほとんどが水分で、食物繊維もそれほど多くありません。栄養分もほとんど無くノンカロリー状態です。小動物に食べさせると、硝酸塩と水分、栄養不足から来る体力の低下で、お腹を壊して死ぬことがあります。

AD.ワラビ
【多量に食した場合の症状】
肝臓腫瘍、腎臓腫瘍、腸管腫瘍。
脚気、骨髄の造血機能不良。
AE.フキノトウ(生)
【多量に食した場合の症状】
肝臓にガンが生じる。

AF.トウモロコシ(カビ)
【多量に食した場合の症状】
発ガンの可能性有り

AGピーナッツ、ピスタチオ(カビ)
【多量に食した場合の症状】
下痢・嘔吐・発ガン

※27・28の「カビ」というのは、「与えてはいけない物」としてではなく、「有毒な物が含まれている物」っとして記述しました。トウモロコシのカビには「フモニシン」ピーナッツ・ピスタチオのカビには「アフラトキシンB1」という有毒な成分が含まれています。

ってなわけで、合計28個exclamation×2でも、他にも香辛料(塩・胡椒・山葵etc...)コーヒー・紅茶など数種ありますが、誤ってあげてしまいそうな物を一応載せてみましたハートたち(複数ハート)参考になると嬉しいです揺れるハート

banner_02.gif←勉強になったという方は1ポチッよろしくお願いします顔(メロメロ)

ニックネーム Sakae at 21:02| Comment(7) | TrackBack(0) | ハム時々犬(≧△≦;)日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい量だね。。。
良くここまで調べたね。
カンドー
Posted by takky at 2006年03月28日 22:22
>takky
ほめてくれて有難ぅ(●^▽^●)ノ照れるぅ(笑)
Posted by Sakae at 2006年03月28日 23:57
Sakae様、こちらでは初めまして☆
うちではアクの少ないサラダホウレンソウという品種は生でも与えていますよ。普通のより高いのでほんのたまにですが〜
与えてはいけない食物一覧改めて勉強になりました(>_<)!!
あ、私のブログにリンク貼らして頂きましたのでご報告します。宜しくです☆
Posted by 果林 at 2006年03月30日 11:36
>果林さん
そう言っていただけると記事にした甲斐がありますよぉ(≧▽≦)ノリンクはどんA張っちゃってくださいね(笑)バナー使ってくださって嬉しいですぅ☆これからも色々と宜しくお願いしますね(^^)
Posted by Sakae at 2006年03月30日 16:03
sakaeさんこんにちは。
この度、サイトをお引越しいたしましたのでご報告に上がりました。
今後ともよろしくお願いします♪

あと、この記事についてちょっと質問させてください。
27と28のトウモロコシとピーナッツとピスタチオの『(カビ)』って、何ですか?
カビの生えてるトウモロコシやピーナッツって事でしょうか?

それと、私が今まで勉強したり調べたりした事と結構違う事が書いてあったので、驚いています。
例えばアボカドの種は猛毒だから与えてはいけないが、実の部分は大丈夫だとか。
野菜は茹でない方がいいだとか。
(ソレは無視して茹でたのも与えてるんですけど。笑)
これってどこかのサイトか本を参考にされてるんですよね?
もしよろしかったら何を参考にされてコレを書かれたのか教えていただけませんか?
私も飼育の参考にしたいので。
どうぞよろしくお願い致します。
Posted by ふみゑ at 2006年03月31日 22:13
>ふみゑさん
サイトの移転報告&コメント有難うございます☆

あのトウモロコシとピーナッツピスタチオの「カビ」っというのは「与えてはいけない物」としてではなく、「有毒な物が含まれている物」っとして記述しました。トウモロコシのカビには「フモニシン」ピーナッツ・ピスタチオのカビには「アフラトキシンB1」という有毒な成分が含まれているんです。私がもっとわかりやすく記述していれば良かったですね。すぃませんm(+_+)m

この記事に参考にしたサイトは、
@【AtoZ★ハムスター】http://homepage2.nifty.com/atozhamu/
A【Examination of Hamsters】
http://www4.plala.or.jp/hime_Plaza/Medical/index.html
Bハムスター大辞典
http://www.hamq.jp/i.cfm?i=4325
他にもちょこA色々なサイトを参考にさせていただきました。
この記事に参考にした本。
@ハムスターパラダイス
 ハムスターのお医者さん
Aアニファブックス
我が家の動物・完全マニュアル
ハムスター
他にもちょこA本屋等で立ち読みしたのも参考にさせていただきました。

ふみゑさんのハム飼育に少しでも役立つと嬉しいです(≧▽≦)
Posted by Sakae at 2006年04月01日 01:21
ャンガリアンですけど、大きすぎないかしら?? 
Posted by Vibram at 2011年01月17日 15:26
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/248447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック