2008年03月13日

ベトナム旅行〜予習編〜

国旗.png


【ベトナムの町並み】




【ルネッサンスリバーサイドホテルサイゴン】



【基礎知識】

国歌  :進軍歌
公用語 :ベトナム語
首都 :ハノイ
最大の都市:ホーチミン市
国家主席 :グエン・ミン・チェット
首相 :グエン・タン・ズン
人口 :世界第12位
通貨 :ドン( ₫ / Đồng ; 銅)(VND)
国際電話 :84

【日本との関係】

西暦734年遣唐使判官・平群広成が帰国の途上、難破して崑崙国に漂流し抑留された。フエ付近に都があったチャンパ王国と考えられる。広成はその後、中国に脱出し、渤海経由で帰国している。753年には遣唐使藤原清河や阿倍仲麻呂が帰国の途上、同じく漂流し、当時中国領だった安南のヴィン付近に漂着した。東シナ海から南シナ海に南下する海流の関係でこのような漂流ルートが存在したようだ。これが縁で阿倍仲麻呂は761年から767年まで鎮南都護・安南節度使としてハノイの安南都護府に在任した。
ホイアンの日本橋。この橋は鎖国前の交易のあった頃に日本人によって作られたと言われ、今でも現地の人に大切に使われている。提灯にフェホォと書いてあるが、これは当時のこの町の呼称である。世界遺産。14世紀から15世紀にかけて交易国家として栄えた琉球王国はチャンパ王国とも通好があった。17世紀になると朱印船がベトナム方面へ進出し、江戸幕府は北ベトナムの大越黎朝や南ベトナムの広南阮氏政権とも外交文書を交換し、朱印船が出入りした。ホイアン(会安)には日本人町も形成されている。朱印船はまた南遷していたチャンパ(占城)でも唐船(中国船)と出会い貿易を行っている。
ベトナムの通貨の名称はドンだが、これはベトナムの主要通貨であった銅銭を意味する越語ドンティエンに由来する。日本の銅銭・寛永通宝はその材質の良さから、東アジアの基軸通貨の一つとして流通し、国際取引の決済に使われていた。
1940年に日本軍は北部仏印進駐を行い、1941年には南部にも進駐した。これは、フランスのヴィシー政権との外交協議によるものであり、太平洋戦争(大東亜戦争)中も、日本軍はインドシナ植民地政府と共存していた。その後、日本軍は1945年3月にクーデターでフランスの植民地政府・軍を取り潰し、ベトナムを名目的に独立(ベトナム帝国)させたが、間もなく敗戦となった。しかし、その結果生じた権力の空白はベトナム独立同盟に有利に作用した。また、戦前・戦中のインドシナ派遣軍の軍規の良さはベトナム国民に好印象を与えた一方で、駐留期間の大半においてフランスの同盟国軍として植民地政府に加担したことは、結局のところ日本もフランスと同類の帝国主義国に過ぎないという印象を与えることになった。
第二次世界大戦末期の1945年に、ベトナム北部で大量の餓死者が発生した。日本の一部のグループはその原因を日本軍による大量の食糧徴発とし、推計200万人に近いベトナム人の餓死者を出したと主張しているが、餓死者数については正確な人口統計がないため明確には把握できていない。ただし、ホー・チ・ミンが独立宣言の中でフランス/日本の二重支配によって200万人が餓死したと演説しており、ベトナム国内ではこの200万人という数字は広く知られている。また食糧不足の原因についても、元来北部紅河デルタ地帯は人口過剰の割に収穫の少ない食糧飢餓地域であり、常に南部メコンデルタ地帯から輸送される米により人口が維持されてきたものが、連合国による爆撃により海上ならびに鉄道による食糧輸送が壊滅状態に陥ったためとも言われている。また、日本への反感を高めるためにフランスがサボタージュしたとも言われているが、日本軍自身も明号作戦の発動など、対フランス関係の整理で手一杯で、ベトナム人の餓死に対して鈍感であったとも言われている。いずれにしろ、この件につき、日本に対しベトナム政府は外交問題として取り上げたことはない。より多くのベトナム人が、その後の第一次インドシナ戦争、ベトナム戦争で亡くなっているためと考えられている。
戦後、フランスが再び進駐してくると、仏軍とベトナム民主共和国軍の間で戦争(第一次インドシナ戦争)が始まったが、仏越両軍に日本軍兵士が多数参加した。当時、ベトナムには766人の日本兵がとどまっており、1954年のジュネーヴ協定成立までに47人が戦病死した。なかには、陸軍士官学校を創設して、約200人のベトミン士官を養成した者もおり、1986年には8人の元日本兵がベトナム政府から表彰を受けた。なお、ジュネーヴ協定によって150人が日本へ帰国したが、その他はベトナムに留まり続けた模様である。
1951年に日本政府はベトナム国(南ベトナム)と平和条約を締結し、1959年には岸信介首相(当時)がベトナム共和国政府と140億4000万円の戦争賠償支払いで合意した。一方、ベトナム民主共和国(北ベトナム)は戦争賠償の請求権を留保したが、1973年に外交関係が樹立するまで日本と北ベトナムは国交のない状況が続いた。
近年、日本企業のベトナム進出が相次いでいるが、その要因として中国の半分から3分の1ともいわれる賃金、AFTA(ASEAN自由貿易地域)の推進に伴ってASEAN域内への輸出拡大が見込める点、さらには中国一極集中のリスクの回避などが挙げられる。
現在、両国の関係は「緩やかな同盟関係」と評されている。ファン・ヴァン・カイ前首相は親日・知日家で知られており、また、日本政府や経団連も積極的に経済援助を行っている。一方、グエン・タン・ズン新首相は親中派で日本に対する関心が低いと一部報道で伝えられており、今後の両国の関係を懸念する向きもある。
日本共産党と全教は1993年よりフエ市でストリートチルドレンの保育・教育施設「ベトナムの子どもの家」(小山道夫氏、日教組分裂 1991.3.6 以前の都教組委員長 主宰)を運営している。小山氏自身は共産党員であるが、旧社会党系(現 民主党及び社民党)の活動家・政治家と親しく、1994.6.30〜1997.11.7 の自社連立政権下においてはフエ省知事顧問として複数の日本ODA事業をフエに導入することに成功し、地元の信頼を勝ち得た。小山氏を支援する「ベトナムの子どもの家を支える会」の活動も盛んであり、民主青年同盟(民青)、革新自治体の青年・学生組織及びピースボートと交流を行っている。
2007年2月27日にはベトナムを南北に縦貫する高速鉄道の建設に向けて両国間で共同委員会が設けられた。委員会には日本から国際協力機構(JICA)、国際協力銀行(JBIC)、日本貿易振興機構(JETRO)が、ベトナムからは計画投資省、運輸省、ベトナム国鉄が参加した。
(wikipediaより引用)


【国会】

(ベトナム共産党の事実上一党独裁政治)
定員500名 任期5年
ベトナム共産党 450名
独立系(非共産党員かつ共産党の推薦を受けない者) 1名
欠員 7名
投票率:99.64%(2007年)(2007年5月29日現在)


【ベトナム戦争】

1991年7月17日にNHKスペシャルで放送された「戦争を記録した男たち〜ファインダーの中のベトナム戦争〜」をNHKアーカイブスで2003年7月27日に放送したときの映像です。












【ベトナムの珍獣】

しか.jpg

こんなにカワィィ手乗り鹿を食べちゃうんですもうやだ〜(悲しい顔)ワラ
以下の映像を見る前に、手乗り鹿について簡単にご説明をぴかぴか(新しい)
幻の動物「手乗り鹿」ことCon Cheo(コン・チェオ)exclamation×2
本や写真で目にすることはあっても、野生の本物にはなか02出会えませんふらふら
手乗り鹿は、臆病な動物で大きさは3〜40センチくらい、つぶらな瞳と割りばしみたいに細い足がなんともcute!
彼らの日本語名は「ジャワマメジカ」といい、ベトナムをはじめとした東南アジアの密林にひっそりと暮らしているそうです揺れるハート
正しくは鹿というよりも、原始的な哺乳類に近い偶蹄目の動物。
非常に臆病で、野生のものは抱えあげると恐怖のあまりショック死してしまうこともあるというあせあせ(飛び散る汗)
人が近づこうものなら波が引くように引くようにサーッと隠れてしまい、姿を見ることはほぼ不可能だそぅですたらーっ(汗)

では、日本で放送された「世界裏食道」のベトナム編をご覧くださいGood







上↑で紹介した手乗り鹿こと、ジャワマメジカなのですが・・・
なんと!上野動物園で現在も飼育されているとのこと顔(笑)
上野動物園では、1999年2月23日にオス3頭&メス3頭の飼育がスタートされたそうで、現在では上野動物園小獣館1階にオリイオオコウモリと同居しているそうですハートたち(複数ハート)
上野動物園で見られるとなると、幻もなにもなぃですねあせあせ(飛び散る汗)ワラ
上野動物園で撮影されたジャワマメジカの映像がこちら↓・・・



ニックネーム Sakae at 02:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 管理人のグータラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんっと、ご無沙汰しております。(><)

もうすでにいかれて、帰国されて
ますよね?(^^;

ベトナムといえば、アオザイ、
つくられました???

アオザイ、一着今度作ろうかとおもって
早何年たっている私です。(笑)
Posted by ごん at 2008年04月06日 23:28
�G�b�`�������qTEL�����@http://www.venusline.org/�@�������������e���G�b�`�������@<a href="http://www.venusline.org/">�e���G�b�`</a>
Posted by �e���G�b�` at 2010年08月14日 16:52
アオザイ、一着今度作ろうかとおもって
Posted by Vibram at 2011年01月16日 16:44
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1318150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック